薬は効かなくなっていく

水分補給

便秘に悩む女性の中には、不摂生や定期的なものではなく、慢性的で重度の便秘の方も多いと思います。そういう方がよく服用するのが便秘薬でしょう。
たしかに、慢性的に便秘になると異物感やお腹の膨張感が気持ち悪くて早くスッキリしたいと考えるものです。ですが、よく服用する人ならわかるように便秘薬というのは常用していくと効き目が薄れていってしまいます。
また、便秘薬は結局薬ですから、一時はスッキリしても自然に排便しているわけではありません。そのため長期的に考えると便秘を改善しているとは言いがたいのです。… Read more

便秘が進むと

快適

便秘はただ自分が苦しいというだけでは終わりません。便秘が長く続くと、弁の臭気が上に昇ってきて口臭になってしまったり、ガスが体から発せられてしまうということもあります。また、ひどい便秘になるとコンクリートと同じくらいに硬くなってしまい、最終的に死亡してしまうという例も過去にあったようです。
そこまでではなくても、慢性的な便秘はさまざまな病気を誘発してしまいます。よく言われるのが大腸がんでしょう。大腸がんは便秘などで上手く食物を消化できなくなって発症します。非常に治すのにはお金も時間もかかりますし、最悪死亡に至るケースもあるので、排便時に腹痛を感じたら早めに医師の診察を受けましょう。
また、過敏性腸症候群という病気もあります。これは消化器官の機能をおかしくしてしまう病気で、便秘や下痢などが周期的に長期間やってくるという人はこの病気を疑ったほうがいいと言われています。
最後にあまり知られていないのが低カリウム血症という症状です。これはうまく栄養が吸収されないせいで、血中のカリウムが減少し吐き気やめまいといった体調不良を引き起こします。
これらの病気にならないために、便秘気味の方は日頃からの水分、運動などに気をつけてサプリを飲んでおくといった対策を早々に取るほうが良いでしょう。
Read more

ツライ便秘、どうにかしたい

乳製品も取り入れる

女性の多くが悩む便秘の原因は、女性ホルモンのバランスの崩れが関係しているといわれています。月経の前になると便秘の症状が出てくる人は特にそれに当たります。
生理前になると女性の体が体内に水分を溜め込むようになっており、大腸や小腸の水分も例外ではありません。そのため排便の流れも悪くなり、便自体も水分がなくなって硬くなってしまうためです。
ただし、これは比較的健康な生活、適度な運動や適度な水分、睡眠をとっている人が便秘になる場合であり、慢性的に便秘の女性は、生活習慣や食事バランスがおかしくなっている場合もあります。もしくは、ストレスによって便秘になることもあるので、ストレスを解消するのも便秘対策の1つと言えるでしょう。
ストレスは自律神経に影響を与えるため、消化機能などが正常に働かなくなってしまうことがあるのです。女性は男性に比べて自律神経にトラブルを抱えやすいため、ストレスには気をつけなければなりません。
自然に排便するのがなかなかむずかしいという人は、便秘薬の前に便秘に聞くサプリメントなどの服用を試してみてはいかがでしょう。
Read more